×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

避妊 方法 女性 コンドーム IUD 基礎体温 殺精子剤

避妊薬 おすすめ

最近の20代女性の避妊方法

「避妊」といえば、まずコンドームを連想しますが、
最近の女性はコンドームやピルだけではない避妊法を実践しているようです。
そこで20代女性に聞いてみました。あなたはこんな避妊法、知ってますか?


薬局で手に入る「殺精子剤」
「殺精子」って名前は怖いのですが、その名の通り精子を殺す錠剤を膣内に入れる方法です。
薬が溶けて効果が現れるまで10分、効果の持続は1時間。気軽にできる方法ではあるけれど、
時間の制約があるため「時間が気になって、雰囲気が盛り下がる」なんてことも。
名前の割に単独での避妊効果は高くないので、他の方法との併用が良いと言われています。

排卵日を把握―「基礎体温法」
これは結構有名ですね。
朝、目が覚めてすぐに婦人体温計で体温を測定し、排卵日を予想する方法。
ただ、風邪を引いたりすると、基礎体温のグラフが乱れて
排卵日の予測ができなくなるので、避妊方法としては完璧ではありません。。

最長5年間程度の避妊効果「IUD」
病院で子宮内に小さな器具を入れて、避妊効果を得る方法です。
現在のIUDは麻酔も必要なく簡単に装着、除去が出来るのだとか。
料金は施設によりますが大体3〜4万円程度。
長い目で見るとピルを飲み続けるより低料金で、長期間妊娠を望まない人には人気があるようです。

どうでした?あなたは全部知っていましたか? 
みんながコンドームで避妊してると思ったら大間違いかも!?
たまには別の方法を試してみるのも、案外刺激になったりするかもです♪

※上記でご紹介した方法は、あくまでも避妊法の紹介であり、
  性感染症を防ぐための方法をご紹介しているわけではありません。
  性感染症を防ぐためにも、コンドームなどの避妊法と併用することをおすすめします!


避妊薬 おすすめ